冷やし鯛焼き自慢の大塚や 電話番号冷やし鯛焼き自慢の大塚や外観

トップページへこだわりの鯛焼き作り
こだわりその1:原材料にこだわってます!

餡はもちろん自家製餡。小豆は北海道産の厳選モノを使用。文字通り粒揃いの美小豆たちをご覧ください。
砂糖は最高品質(とても高価です!)のものを使い、餡にはこれ以外のものは一切使用しておりません。ただその作り方には「大塚や」のノーハウが・・・!「大塚や」のすっきり感のある餡の所以です。

生地には岩手県産の超低農薬の小麦を100%使用。

北海道産小豆
北海道産小豆
岩手産低農薬小麦
岩手県産低農薬栽培の小麦
砂糖
京都産の高級砂糖
 
矢印
こだわりその2:焼き方にこだわってます!
こだわりの一丁焼き

こだわり2つめはその焼き方です。

もちろんご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、鯛焼きの焼き方のルーツは一尾ずつ焼く「一丁焼き」です。東京の超有名鯛焼き店の創業者が始めたのが最初です。一尾ずつ焼く焼き方はとても骨が折れます。焼くための道具がとても重いのジャー!
それで現在のような楽にたくさんできる鯛焼きの器械が開発されたのです。それでは何故今「一丁焼き」なのか?「食えば解かる」と言ってしまえばそれまでですが、なんと言っても一丁焼きの特徴は「高温ですばやく焼き上げる」ということに尽きるのではないかと考えています。そのことによって他の焼き方では絶対出来ない独自の食感の「鯛焼き」が出来るのです。出来立ての皮のパリパリ感はそこから生まれます。餡も、もう一度生まれ変わるのです。それともう一つ、皮をとても薄く出来るという利点もあります。
だから「大塚や」の鯛焼きには尻尾の先まで餡子がシッカリ入っているのです!

こだわりの一丁焼き

矢印
こだわりその3:毎日100個しか作れません

「一丁焼き」の世界では、一人前の職人になるには最低10年かかるとも言われています。ウチはまだ始めて6年。まだまだこれからの駆け出しです。日々努力を怠ることなく、おいしい鯛焼きを作るため頑張る所存です。
そして規模も小さいので一番のこだわりは、

『大塚やは毎日100個、心を込めてお作りします。』

ということです。申し訳ないのですがそれ以上は作られませんのでご了承下さい。

冷やしティラミス鯛焼き

ページの先頭へ

>>個人情報取扱規約鯛焼き、こだわり>>特定商取引法による表記 Copyright 2004-2010©Ohtsukaya Allrights Reserved.